よく耳にするけど「酵素」ってなに?

酵素にはどんな働きがあるの?

酵素とは、たんぱく質の一種であり、食べ物の消化や代謝に関して重要な働きを持つ物質です。一口に酵素といっても3000以上の種類があるとされており、それぞれ異なる働きを持っています。酵素には体内で作られる潜在酵素と、食べ物に含まれる食物酵素があり、さらに潜在酵素は消化酵素と代謝酵素の2つに分けられます。消化酵素は食べ物を分解して消化しやす物質にする働きがあり、でんぷんを分解するアミラーゼが代表的な物質です。代謝酵素は、吸収されたエネルギーの活用を手助けする物質で、身体を動かしたり、考え事をしたり、人間の活動に関わる動作も代謝酵素の働きによって実現しています。酵素が不足すると体の疲れや免疫力の低下、肌の調子が悪くなるなどの症状が出てきます。

酵素とダイエットの関係とは

酵素は代謝に関わりのある物質であることから、ダイエットとも深く関係しています。代謝酵素が不足することは代謝の低下につながり、エネルギー消費されづらくなることで、痩せにくい体になってしまいます。そこで酵素を食事などで補うことで、体質改善を目指すダイエット方法が酵素ダイエットです。食物酵素は野菜や果物、肉類などに含まれますが、酵素はタンパク質であるために熱に弱く、生で食べる必要があります。そのため酵素ダイエットでは、生野菜サラダやスムージー、酵素ドリンクなどで酵素を補給することが一般的です。また、代謝酵素は消化酵素を使いすぎることでも減少します。肉類やジャンクフードなどの消化に悪い食品を避けたり、食事の回数を減らしたりで消化酵素を節約することも代謝酵素の増加に役立ちます。