そもそも酵素ダイエットって何をすればいいの?

酵素って何?どんな効果があるの?

酵素には体内に存在している「内部酵素」と食物から摂取する「外部酵素」とがあります。
「内部酵素」には「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類があります。
食べ物を摂取した時、そのままでは体内に吸収できないので、吸収できる分子レベルまで小さくする必要があります。この食べたものを消化するするのが「消化酵素」です。そして、吸収した栄養をエネルギーに変える、古くなった細胞を入れ替える、ウイルスを攻撃して体を守るといったことも酵素の働きによって行われています。これらの働きをしているのが「代謝酵素」です。しかし、内部酵素は1日に作り出せる量が決まっているうえに、加齢とともに作り出せる量が減少します。そこで、食物から「外部酵素」を摂取することが必要となります。酵素を多く摂取することで、代謝が上がり太りにくい体質になったり、アンチエイジング効果や免疫の強化などが期待できます。

酵素を摂取して効果的にダイエット!

体内の1日に作り出せる酵素の量、使える量は決まっています。すなわち、消化酵素を多く使ってしまうと、代謝酵素の量が減ってしまうという仕組みです。つまり、酵素を使ったダイエットのポイントとしては、1日に使用する消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすということです。消化酵素は食物の消化・吸収に必要な酵素ですので、食べ物を食べないファスティング(断食)は消化酵素を節約でき、断食中は代謝酵素を働かせることができます。ダイエットの方法としては、食べ物を食べない代わりに酵素を摂取するというものです。酵素は加熱により働きが失われるため、食物から摂取する場合は生で食べる必要があり、無農薬低肥料の野菜や果物を使ったサラダやスムージーがオススメです。しかし、毎回サラダやスムージーを作るのはお金も手間もかかります。手軽に酵素を取り入れたいという場合は酵素ドリンクがオススメです。